上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








まだチビだった頃の写真を、少々まとめてupさせていただきました。

下には、写真6枚セットのスライドアルバムを、3組掲載させてもらっています。
4コマ漫画のようなそうじゃないような内容で、比較的軽めの自動スライドです。

写真のロード完了で、スライドが自動で始まります。…が、タイでご覧いただく場合、
ロード完了前にスライドが始まってしまうかも…。その場合はすみません、
勝手にリプレイするので、お時間がありましたら再度お付き合いいただければ幸いです。

下記3つのボタンが、それぞれのスライドの入り口となっております。

clickで別窓slide1開きますclickで別窓slide2開きますclickで別窓slide3開きます

なお、スライドアルバムのオリジナルファイルは、下記リンク先からお借りしました。
[ Featured Content Slider ]


さてさて、『犬連れ飛行機旅』の番外編、今回の旅で使用したキャリーバッグについての記事を
続きの中に書いております。

ご興味のある方は、下記[続きを読む]からどうぞ~お入りくださいませ。(^-^)
カバンの写真がポコポコ貼ってありますので、ご注意?くださいね。



長らく更新をお休みしてしまって、ごめんなさい。
みなさんお変わりないでしょうか?

こちらは犬連れ旅を無事完了し(いつの間に?汗)、平常な毎日に戻りました。


さて本日は、今回の旅で実際に使用した”キャリーバッグ”について、お話しさせていただきます。


『犬と一緒に一時帰国するぞ~!part2』の記事をご覧いただいた方はご存知だと思いますが、
ワンコの飛行機キャビンへの持込み旅を実行するにあたって、もっとも頭を悩ませた問題、
それがバッグでした。

8kg弱のワンが入った状態で、10kg以内におさまり、さらに窮屈なサイズでありながらも快適に過せる、
そんな夢のようなバッグ。。。
探して探して探しまくり、探し疲れてきた頃、その疲れを忘れるほど魅力的なバッグを発見!!


そのバッグがコチラ↓↓です♪(写真とモデルがイマイチですぃません。(;^_^A)

carryden_3
       ※写真のワンコは実物じゃないですよ~(笑)

SeattleにあるCreature Leisureという会社の[ Carry Den XT ] という商品です。

アメリカのペットグッズサイトで見つかったこのバッグに一目惚れ。。
調べるうちにYouTubeにある紹介ビデオも発見。(ビデオの長さは3分です。)
その映像を見て益々ヒートアップ(笑)。本腰をいれて入手作戦、開始しました。

タイにはもちろん取扱い店はありません。なので、まず日本のネットショップで検索。
取扱いショップは数軒ありましたが、生憎どのショップも売り切れ中。
しかし欲しい病に火がついてしまった状態の私...諦めるわけにはいきません、
と言うか、諦められません(笑)

結局メーカーさん(Creature Leisure)と直接取引をさせてもらって入手できた次第です。
英語のできない迷惑な客(←私(笑))を相手に、これ以上なく親切に対応してくださり
バッグを手にする前にすでに感動と感謝でした。Thank you for everything, Mr.Grant!!

さて、苦労して手に入れたバッグ、、、使用した感想は、もぅ大満足♪♪

脚をピンと伸ばせない高さ and 非常に窮屈な広さにも関わらず、うちのワンはこのバッグを
すっごく気に入ってます。自分から好んで入って行き、丸まって心地良さそうに寛ぎます。
まるで猫です(笑)。信じられないですよね? 私もホントに驚きました。ここまで猫っぽぃとは……
って、そうじゃなくて、これほどにも気に入ってくれるとは、想定外の夢のような結果でした。
血と汗と涙の滲んだ苦労(大袈裟)が実を結んだ感じです。。。ウルウル(笑)


前置きが長くなってスミマセン。(そーなんです。今までは前置きだったんです。ごめんなさい)
ここから、このカバンについて、もう少し詳しく説明していきますね。

まずはサイズからです。SとL、2種類あります。

 size S : 奥行き 25 x 幅 43 x 高さ 30cm (10x17x12inch)
 size L : 奥行き 30 x 幅 48 x 高さ 35cm (12x19x14inch)

Lサイズでは高さが規定よりオーバーしますが、ソフトケースなのでいざとなれば少し潰せば
たぶんOKよね(笑)、とタイらしくマイペンライな判断を下して [ L ] を購入。


重さは約2kgです。アバウトでスミマセン。ショルダーストラップを外せばもう少し軽くなります。
中敷を外せば、もっともっと軽くなります。でも底がフニャフニャになるのでご注意を (笑)。


色は、イエローとグレーがあるみたいです。うちはイエローです。良い色です♪


まず、バッグが届いた時に、最初の驚き…届いた物がペタンコだったんです。
不思議さにワクワクしながら開梱。そして、謎解明!

clickで少し大きめ画像open(別窓)

折り畳まれてナイロンケースの中にコンパクトに収められていました。


ケースから出した状態はこんなです。

clickで少し大きめ画像open(別窓)

写真下方にある2本の軽いパイプ、これを所定の箇所に差し込み、ボア付きのしっかりとした
マットを底に設置すれば、カチっとして丈夫なキャリーバッグの完成!


背中側にジッパーポケットを発見。その中にはリュック用ストラップが収納されていました。
それをセットするとこんな感じ。(って、分かりづらい写真ですみません。)

clickで少し大きめ画像open(別窓)

4面にメッシュがあり、出入りも4面からできます。
ただサイドの1面は、ジッパーが真ん中位置までしかないので、トビラが半分しか開きません。
なので、出し入れには不向きかな。
ま、やんちゃ坊主のうちのワンは、一通り4つの入り口を自分で使ってましたが(笑)。

clickで少し大きめ画像open(別窓)

clickで少し大きめ画像open(別窓)


バッグの紹介は以上です。
もし、犬連れ飛行機旅でキャビン持込み用のバッグを探している方がいらしたら、
候補のひとつとして、自信を持ってお薦めしたいと思える、とっても良いバッグです!

なぜなら、ワンコを大好きな人がワンコの気持ちになって作ったバッグなんだろうな、
って思えるから。。(^^)


長文を最後までお付き合いくださり、本当にありがとうございました。

次回は、part2で予告した、「日本への届け出について」書く予定です。
それではまた。。良い日をお過しください。



追伸 : PCをwin→Macへswitchしました。もしも表示のおかしい場所がありましたら
   コメントで教えていただければとても助かります。よろしくお願いします。


====================================================
この『犬と一緒に一時帰国するぞ~!』シリーズに記載の情報は、2009年7月時点のものであり、
また、いい加減で記憶力欠如の管理人監修のため、十分な内容となっておりません。
その点をご理解、ご了承いただきたく、お願い申し上げます。
(2011,11に、少々文章+体裁を整えました。内容の変更はしておりません。)
====================================================


Secret

TrackBackURL
→http://sorairono.blog10.fc2.com/tb.php/342-464bcdea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。