上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お賽銭?


懐に忍ばせた想い  魂の輝きに似て













photo with KONICAMINOLTA α-Sweet D (in Thailand)

    




線香



Flame-1Flame-2Flame-3






タイは、国民の90%強が仏教徒です。
なので 国中にたくさんのお寺があり、バンコク市内でもいたるところで見かけます。

参拝するには、通常はまず参拝セットを購入します。
セットに入っているものは、蓮(または菊)の花・金箔・お線香(長くて花火みたい)・ロウソクです。

一般的な参拝方法を紹介させていただきますね。(もし間違いがあれば、教えていただけると嬉しいです。。(-人-*))
まず、靴を脱ぎ仏像の前に座ります。座り方は、横座りが普通です。もちろん男性もですよ^^。
そして、お線香に火をつけます。お線香の炎は、日本と同じく手で仰いだりして消してくださいね。
火をつけたお線香・お花・金箔を持ちながら、ロウソクに火をつけロウソク台に立てます。

お花、金箔、お線香を両手で挟み込む(合掌する)ように持ち、お願い事を念じてください。
念じ終わったら、お花置きにお花を置き、お線香を立てて静かに立ち上がります。

最後に手元にある金箔は、参拝場所付近にある仏像に貼るのですが、自分が良くしたいと思う部分に貼ってくださいね。
・・っと、繰り返させていただきますが、金箔は 仏像に貼るんですからね^^。
間違っても ご自分の頭とかお顔とかに貼らないようにしてくださいね。
ま、貼っても捕まるわけではありませんが、痛い視線と失笑に包まれることをご覚悟のうえで宜しくお願いいたします(笑)。

参拝セットなしでお参りする場合は、靴を脱いで仏像の前に座り、目を閉じて合掌し念じてください。
念じ終わったら、座ったまま頭を下げるのですが、両手は開いて床につけて、頭も床につけるくらいに低く下げてください。
これを3回繰り返して終わりです。

座り方ですが、正座の状態で足首を立てた状態の方もいますし、仏像が遠く高いところに有り 前に障害物がある時は
跪いている方も見かけたりしますので、ある程度 臨機応変でも大丈夫なのかなと思います。

ちなみにタイのお賽銭は、願い事が成就してからお礼として捧げるらしいです。
・・あっ! そのほうが、仏様も頑張らなくっちゃ・・って気になるかもしれませんね??(笑)

最後まで読んでくださり ありがとぅござぃました。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。